インプラントのメリット

当院では、インプラントのメリットだけでなく、デメリットも十分にお伝えし、ご納得の上で治療を受けていただけるようにしております。
入れ歯やブリッジと比較しながら、患者様にとってのベストな選択をご提案します。

インプラントのメリット・デメリット

インプラントインプラント

メリット
Merit

天然歯のような仕上がり

インプラントの上部構造には、「セラミック」を使用します。色味、質感とも、天然歯と同等の美しさが得られます。

自分の歯と同じように強く噛める。

顎の骨と結合しているため、力がしっかりと伝わり、まるでご自分の歯のように強く噛むことができます。

1本1本が自立するため周囲の歯・歯ぐきに負担をかけない

1本ごとに自立しているため、入れ歯やブリッジのように周囲の歯や歯ぐきに負担をかけません。残存歯の寿命も守ることになります。

取り外した上でのケアが不要

ご自分の歯のように歯磨きができます。特別な洗浄(洗浄剤など)は不要で、手間も省けます。

精神的な健康

見た目の良さ、噛める・食べられる実感、取り外し不要といったメリットが、若々しさと共に心の健康を促進します。

デメリット
Demerit

手術が必要

インプラントを埋入する手術が欠かせませんので、全身疾患によっては適応外となります。

顎の骨の厚み・量が必要

顎の骨の状態によっては適応外、あるいは骨の厚み・量を取り戻すための手術が必要になります。

費用がかかる

保険の適用ができない治療であり、手術を伴いますので、入れ歯やブリッジと比べると費用が高額になります。

入れ歯のメリット・デメリット

入れ歯入れ歯

メリット
Merit

ほぼすべての症例に適応

特殊な入れ歯を除き手術は必要なく、ほとんどの症例に適応します。

取り外しが可能

取り外した上での洗浄が必要になりますが、介護が必要な方、歯磨きが難しい方にとっては、口内の衛生を保ちやすい治療と言えます。

調整・修理が容易

調整や修理が比較的容易なため、安心して使用することができます。また、転居などでかかりつけ医が替わったときも、対応してもらいやすい治療です。

デメリット
Demerit

強く噛めない

あくまでインプラントやブリッジと比較した場合ですが、噛む力が劣ります。また、支えている両隣の歯に大きな負担がかかります。

審美性に劣る

歯ぐきの部分や人工歯は基本的に歯科用プラスチックを使用しますので、美しさには劣ります。また部分入れ歯の場合、金属のバネが見えてしまいます。

口内の違和感が強い

インプラントやブリッジと比べると、口内を大きく占拠するため、違和感・異物感が強くなります。

取り外して洗う必要がある

取り外して磨いたり、洗浄剤を使って洗浄する必要があります。

ブリッジのメリット・デメリット

クラウンブリッジ

メリット
Merit

しっかり噛める

インプラントには劣りますが、入れ歯より強く噛むことができます。

違和感が少ない

入れ歯のような違和感・異物感がありません。

取り外し不要

隣の歯と接着されていますので、取り外して洗う必要がありません。

デメリット
Demerit

天然歯を削る必要がある

歯に平行性がない場合、神経をとる必要があります。

ブリッジを支える歯に負担をかける

噛んだときはブリッジを支える天然歯に負荷がかかるため、その天然歯の寿命を縮めてしまう可能性があります。

歯磨きが難しい

天然歯と人工歯の間は、どうしても汚れがたまりやすくなります。より丁寧な歯磨きが欠かせません。

072-997-3311 メール無料相談はこちら
一番上に戻る