インプラント手術の症例

インプラント手術の症例

そらいろ歯科でのインプラント手術の症例になります。

治療例1

BEFORE
AFTER

虫歯が大きく保存不可能であったため、抜歯を行いました(①、②)。 骨の治癒を3ヶ月待ちました。その間に虫歯治療を行いました。 インプラントを入れて、被せ物を装着しています(③、④)。 今後、定期的なクリーニング、咬み合わせのチェックを行う必要があります。

治療期間 7ヶ月(骨の治癒待ち期間を含む)
治療費用 インプラント2本(被せ物含む):76万円
その他のセラミックの被せ物4本:24万円

治療例2

BEFORE
AFTER

ブリッジが外れたり、元々、歯がありません(⑤、⑥)。 歯がないところにインプラントを入れて、咬み合わせを作りました。(⑦、⑧) インプラント周囲炎予防のために定期的なクリーニングが必要です。 また咬み合わせが強いために、被せ物が破折回避しないよう咬み合わせのチェックを行う必要があります。

治療期間 3ヶ月
治療費用 インプラント2本(被せ物含む):76万円

治療例3

BEFORE
AFTER

虫歯で歯が折れてしまいました。(⑨)インプラント治療で、歯を入れました。(⑩) インプラント周囲炎予防、被せ物が割れるリスクをなくすために今後、定期的なクリーニング、咬み合わせのチェックを行う必要があります。

治療期間 3ヶ月
治療費用 インプラント1本(被せ物含む):38万円

治療例4

BEFORE
AFTER

多くの歯がありません。総入れ歯が脱落と審美性回復のため、インプラント治療を行うことになりました。
全体の設計を決めるために診断用ワックスアップを行いました。
サージカルステントを用いて、理想的な位置にインプラントを埋入しています。
インプラントが骨との結合をする間に下の歯の被せ物の治療を行っております。
その後、仮歯にて問題がないか経過を見ています。
特に問題がないのを確認後、セラミックの歯を装着しています。
インプラント周囲炎予防、被せ物が割れるリスクをなくすために今後、定期的なクリーニング、咬み合わせのチェックを行う必要があります。
特に被せ物が割れるリスク回避のためにナイトガードの装着をしています。咬み合わせの高さが変化しているため、顎関節症の出現にも気を付ける必要があります。

治療期間 2年
治療費用 インプラント(被せ物含む)11本:420万円

治療例5


歯周病が強く保存不可能であったため、抜歯即時埋入を行いました(⑪)。
骨の治癒を3ヶ月待った後に被せ物を装着しています(⑫)。
今後、定期的なクリーニング、咬み合わせのチェックを行う必要があります。

治療期間 4ヶ月
治療費用 インプラント1本(被せ物含む):35.6万円

治療例6

虫歯が大きく保存不可能であったため、抜歯を行いました。
骨の治癒を3ヶ月待った後にインプラントを埋入しています。
インプラントが骨との結合をしてから、仮歯で歯肉の状態、咬み合わせを整えました。
特に問題がないことを確認した後にセラミック被せ物を装着しています(⑬、⑭、⑮)。
今後、定期的なクリーニング、咬み合わせのチェックを行う必要があります。

治療期間 8ヶ月(骨の治癒待ち期間を含む)
治療費用 インプラント3本(被せ物含む):114万円
その他のセラミックの被せ物3本:26万円

治療例7

BEFORE
AFTER

折れて歯を失ったところにインプラント埋入を行いました。 (⑯)
骨の治癒を3ヶ月待った後に被せ物を装着しています。(⑰)
今後、定期的なクリーニング、咬み合わせのチェックを行う必要があります。

治療期間 3ヶ月
治療費用 インプラント1本(被せ物含む):38万円
072-997-3311 メール無料相談はこちら
一番上に戻る