インプラント手術の流れ

インプラント手術の流れ

当院では、基本的に以下の流れでインプラントの手術を行います。

1:歯ぐきを切開し、インプラントを埋め込むための穴を、顎の骨に開けます。

2:インプラントを埋め込み、切開した歯ぐきを閉じます。

3:インプラントと顎の骨が結合したら、再度歯ぐきを開き、インプラントの頭を露出させ、型を取ります。

4:人工歯をインプラントに取り付けます。天然歯と見分けがつかないほど、美しく仕上がります。

※顎の骨の量・厚み・高さが不足している場合には、それを補う手術を行うこともできます。
※半分眠ったような状態で、恐怖や不安を感じることなく手術を受けていただける「静脈内鎮静法」も可能です。

インプラント治療が完了するまでの期間

患者様のお口の状態(特に顎の骨の状態)によって異なりますが、3か月~6ヶ月程かかります。

インプラント治療における「治癒期間」の重要性

インプラントは、顎の骨に埋め込んで支えられています。インプラントを埋入後は、下顎で2か月以上、上顎で3か月以上の「治癒期間」を確保して、その結合がより強固になるのを待ってから、上部構造を取り付けます。
インプラントと顎の骨がしっかりと結合してこそ、強く噛めるインプラント治療が可能になります。

インプラントのメンテナンス

メンテナンスを怠るリスク

インプラントそのものが虫歯になることはありません。だからといってメンテナンス(歯科医院で行うインプラント治療のアフターケア)を怠れば、当然、周りの天然歯の虫歯のリスクは高まります。
そしてインプラント治療においてもっとも注意しなければならないのが、歯周病です。歯周病が進行すると、インプラントを支える顎の骨が溶けだします。ぐらつきが起こり、強く噛めなくなり、最悪の場合には脱落に至ります。

当院のメンテナンス(術後ケア)

当院では、インプラントを少しでも長く・快適に使用していただくため、メンテナンスに力を入れております。
メンテナンスでは、虫歯や歯周病・咬み合わせのチェック、ご自宅での歯磨きでは難しい歯のクリーニング、歯磨き指導などを行います。7名在籍する歯科衛生士が、患者様ごとのベストなメンテナンスを提供しております。また、個室にて快適なメンテナンスを行えることも特徴になります。

072-997-3311 メール無料相談はこちら
一番上に戻る