インプラントQ&A

よく患者様からいただく質問をまとめました。ご不明の点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

インプラント治療について

インプラント治療は、誰でも受けられますか?

ほとんどの方が安全に受けていただけます。ただし、全身疾患、顎の骨の過度の不足が見られる方は、適応外となることもあります。
検査により判断いたしますので、ご不安な方は一度ご相談ください。

どれくらいきれいに仕上がるのですか?

上部構造(いわゆる「歯」の部分)にはセラミックを使用します。セラミックは審美歯科にも使用される、白く美しい陶製の素材です。一般の方がインプラントを見分けるのはほとんど不可能でしょう。
歯科医師が見てようやく分かる、それくらいきれいに仕上がります。

インプラント治療に年齢制限はありますか?

上限はありません。顎の骨の量・厚みが残っている、あるいは骨の量や厚みを取り戻す手術が受けられれば、何歳でも受けていただけます。
下限は、患者様のお身体の状態によって異なるため一概には言えません。ただ一般的には、20歳前後から可能です。顎の骨の成長が止まり、これ以上の形態の変化がない状態で行う必要があるためです。

上部構造を取り付けるまでは、歯がない状態になりますか?

インプラントを埋入してから上部構造を取り付けるまでの治癒期間、それまでご使用されていた入れ歯を使ったり、仮歯を装着していただくことが可能です。

顎の骨の量が少なくても、インプラント治療は可能ですか?

当院では、検査により顎の骨の状態を正確に調べ、その量が不足している場合には、GBR法、サイナスリフト、ソケットリフト、スプリットクレストといった手術を活用することで対応が可能です。

治療期間はどれくらいですか?

お口の状態によって異なりますが、インプラントの埋入から治療の終了まで、3か月~6か月かかります。
下顎へのインプラントの方が、治療期間は比較的短くなります。

会社や学校を休む必要はありますか?

ほとんどの方が、翌日には出社・登校されています。手術後2~3日は痛み・腫れの症状が起こることがありますが、処方する鎮痛剤や抗生物質で特に問題なく日常生活を送ることが出来ます。

インプラントは、どれくらい長く使えますか?

天然歯と同等の寿命があります。メンテナンスとご自宅でのセルフケアをしっかりと行っていただければ、それだけ長持ちします。

事故で歯を失った場合でも、インプラント治療はできますか?

はい、もちろん可能です。事故で歯を失った方の場合、虫歯や歯周病で歯を失った方と比べて顎の骨が十分に残っている可能性が高いため、適応となるケースがほとんどです。

金属アレルギーのリスクはありますか?

金属には、アレルギーを起こしやすいものと、起こしにくいものが存在します。
当院のインプラント治療では、アバットメントとインプラント体に生体親和性の高いチタンを使用しております。金属アレルギーの心配はまずないと言えます。

インプラント体はどのくらい持ちますか?

世界平均のインプラントの10年後生存率は、約96%といわれています。
ただし、かみ合わせが悪い場合、インプラントが破損する可能性があります。
歯周病でかみ合わせのバランスが崩れてしまった場合なども同じです。
インプラント治療を終えた後も、定期健診を受けることをすすめています。

インプラントがしっかり残って機能するかどうか、手術の前に分かりますか?

はい。近年のインプラント治療は予知性に優れており、“こうしたら、どうなるか”ということを95%以上の割合で予見できます。当院では、患者様のご希望のままに手術を行う、ということはいたしません。CT検査による術前のシミュレーションにより、高い安全性が確認できた場合のみ、手術へと進みます。

天然の歯ではないのに、どうして「すぐに」「強く」噛めるのですか? 

インプラント治療の発展の中で、歯科医、各インプラントメーカーはさまざまな努力を行っています。
インプラントの形状や表面構造、各パーツ同士の適合性などにも次々と改良が加えられており、たとえば、インプラントの側面のギザギザですが、近年では剪断力が向上し、顎の骨への圧縮抵抗を和らげられるように加工されています。
こういった小さな工夫の積み重ねにより、まるで天然歯のように顎の骨としっかりと、短期間で結合することができるのです。

 

手術について

手術というものが初めてで、こわいのですが…

特に初めての手術は、誰でも不安を感じます。
当院では、ほとんど眠ったような状態でストレスなく手術を受けていただける「静脈内鎮静法」を導入しております。不安な方、手術がこわいという方も、安心してご相談ください。

インプラントの手術中、痛みは感じますか?

インプラントの手術は、局所麻酔下で行います。痛みはありません。

手術後の痛み、腫れはありますか?

手術後2~3日は、痛み、腫れを伴うことがあります。鎮痛剤や抗生物質で症状を和らげます。

手術後のメンテナンスは、必ず受けなければなりませんか?

はい、必ずメンテナンスを受けていただきます。長く快適にインプラントを使用していただくために、メンテナンスは欠かせません。
メンテナンスにご来院の際には、患者様一人一人に合ったセルフケアの指導も行っております。

手術後、発音しづらいときいたのですが…

新しく歯が入ったことにより、特に抜けたまま放置していた方は、発音のしにくさを感じることがあります。これは一時的なもので、数日で慣れますのでご安心ください。

保険・控除について

インプラント治療に保険は使えますか?

いいえ、インプラント治療は保険適用外です。自由診療での価格となります。
ただし、当院では書面でのお見積もりを出させていただき、追加費用がかかることは原則ございません。

インプラント治療は、医療費控除の対象になりますか?

はい、医療控除の対象になります。生計を共にするご家族内での医療費の合計が1年間で10万円を超えた場合、確定申告を行えば控除が受けられます。

072-997-3311 メール無料相談はこちら
一番上に戻る